ブログ

婚活女子必見!世のハイスペック男子が100%目に留まる女性の特徴とは?

ハイスペックな男性と結婚出来たらいいな~♡と希望している婚活女性はとても多いです。
平均を上回るポジションにいる男性との接点をどのようにもつか、出会ってもどのように関わっていけばいいか、あるいはそのような男性にどうすれば振り向いてもらえるか。
すごく気になるところですよね!ここに婚活女性の関心が集まっています。

結婚相談所はハイスペックな男性とたくさん接点を持つことは出来ます。が!

ハイスペックな人が何を求めているか貴女がわかっていないと、ハイスペックが現れても手に入りません。今回は皆さんが気になっていることを分かりやすくお伝えできればと思います。

周りに紹介できるような女性

その男性が仮に会社の役職だったり社長だったりすると、それなりにソーシャルな場面に奥さんを同伴させなければならない場面だってよくありますし、そういう立場の男性は人脈も広いのでデートをしていると彼のお仕事関係の方と偶然会うなどよくあります。

その時にパートナーとして周りに紹介できるような女性かどうか、ハイスペック男性となると通常以上にこの辺りは重要になってきます誰しもが「○○さんの奥さんってすごく素敵だね」と言われるような女性を奥さんにしたいと思うわけです。そう思われる女性とは、、

身だしなみをきちんとしている

いつも身だしなみが整っていて清潔感がある女性はTPOやマナーを理解している大人の女性でもあります。ハイスペックな方ほど、きちんとしている彼女のほうがいいと思う方が多いです。

あとハイスぺ男子が皆さん言っていることは、お肌と髪がちゃんとケアされているか。ここかなり見られているのでケアを後回しにしている女性は今すぐ気を使ってくださいね!

知性や教養が身についている

知性や教養は学歴のことだけではありません。

結婚すると生活が始まります。好きな気持ちだけではうまくいかないこともたくさんでてきます。
もともと他人同士だった人と生活を共にしていくということは価値観の違いを受け入れたり、折り合いをつけたりしてお互いが歩みらなければいけません。このときにお互いの知性や教養レベルが一致していないと、「彼の言っていることはこういうことなんだな」と相手の話している言葉の意味を理解できず、コミュニケーションが円滑に進みません。。

教養レベルは学歴や職業などとイコールして考えられそうですが、必ずしもそうではありません。
学歴が低くても教養レベルの高い人は存在しますし、学歴が高くても「この人モラルないな、、」という人も存在します。

自分と円滑なコミュニケーションがとれるかどうかは学歴や職業は参考になっても決め手にはならないので、実際にお相手と話してコミュニケーションを深めないと教養のレベルが合うかどうかはわかりません。

教養レベルの一致は相性や波長が合うということにも繋がっているので、お付き合いの時点でしっかりコミュニケーションをとることがとても大切です。

ある程度教養のある女性をパートナーにしたいのがハイスペック男子の本音。勉強はできなくてもいいので、社会人としてのマナー、一般常識、物事を円滑に考えられる力は身に着けておきましょう。

 

癒しを与えてくれる女性

ソース画像を表示

ハイスぺ男子はハードな仕事に携わっていることも多く、ストレスや疲労もたまります。
日中は仕事をハードにこなし、帰って一息ついて癒されたいと思っている中、「連絡全然返してくれないよね」とか「もっと会いたい」と労りの言葉もかけずに不満ばかり言ってくる女性はさらにストレスです。。
彼を日ごろから労わってあげたり、楽しい時間を過ごして心地よい空間をつくったり。
彼が仕事やプライベートで弱音を吐くときがあれば、その弱さも受け入れてあげる。

彼が彼らしくいれて、その女性といることに何らかのプラスになる事がとても大切なのです。

これが良いサイクルになって彼のモチベーションが上がり、何も言わなくてもお仕事を頑張ったり、お願いを聞いてくれたり男性はすごく優しくなってくれます。

 

自立している女性

ソース画像を表示

この記事を見てくださっているのは女性が多いと思いますが、自立した女性とはどんな姿が思い浮かびますか?

・仕事をバリバリしていて安定した収入がある

・相手に頼らず、何事も自分で解決できるようなしっかりしてる女性

「自立した女性」と聞くと、女性側はこのような隙のない完璧に近い女性を思いがちです。
でも、そんな彼らが考える「自立した女性像」は、私たち女性が考える「完璧に近い女性」とは異なるため、その違いを認識していないと男女間のギャップが生まれ、溝が深くなってしまう一方です。

結論から申し上げると、男性が考えている自立した女性像は以下の二つです!

 

・精神的に自立している女性=メンヘラではないこと

・経済的に自立している女性=収入の範囲内できちんと生活ができていること

 

思ってるより あ、そんなもんなの? という感じじゃないですか??
それぞれの自立した女性像を理解して、ギャップをなくしていきましょう。

精神的に自立している

精神的な自立についてですが女性側から見ると、

依存しあわない関係。寂しいときや困ったときも連絡しないし、何事も自分で解決しようとする
といった、無機質で冷たい関係性をイメージしてしまいます。

でも男性が考える精神的な自立はもっとシンプルで、

メンヘラでないか。精神的に健全であるか。

なんですよね。お相手が精神的に健全でないと結婚相手として長期的な関係を考えられません。
精神的に健全な女性は何かあっても芯があるから物事に動じず一緒に家庭を守っていけるし、家庭が安定していたら男性も安心して仕事に打ち込めますよね。

経済的に自立している

経済的な自立を求める男性って、女性からすると
生活してもお互いの財布はもちろん別々で生活費も全部折半。だから相手の女性にもバリバリ働いていてほしい。
という合理的で冷たいイメージを男性に感じてしまうことだと思います。そういう意味でとらえていたら、すごく重荷に感じますよね。。

でも男性が求める経済的な自立の意味って全然違うんです!

お相手の女性にバリバリ稼いできてほしいということではなく、
収入の範囲内で身の丈に合った生活ができているか、親元を離れて自立した生活ができているか、
そんな生活力を見ています。

たとえ男性が高収入だとしても毎月のお給料を使い切ってしまったり、加減が分からない女性だと困ってしまうわけで。男性もそのあたりは慎重になります。

このように自立している女性は困ったことがあれば頼ることができるし、
もし彼に何かあれば精神的にも経済的にも私も助けるといったお互いに助け合える存在になります。

間違っていること

ソース画像を表示

ハイスぺ男子を希望している婚活女子がよく勘違いしてされていることが、
彼に美味しい完璧な料理を毎日作ってあげれるようにお料理教室に通ったり、品があるように思われるためにお花教室に通ってみたり。
新しい趣味を始めたり、習い事をすることは良いことなのですが、
このように「彼に好かれるために」していると逆に愛されない女性になる道まっしぐらです。

「彼に好かれたい」が根底にあると、自分の立場は彼より下になります。

彼のために良かれと思ってしてるのに。いつもこんなに尽くしてるのに。なんだか彼との関係が自分が思い描いているのじゃなくて寂しくなったりしませんか?

それは男性は自分より下の立場の女性に魅力を感じないので、「彼に好かれたい」ベースで恋愛をしていれば都合のいいように扱われたり、思うように好かれることはないからです。
彼にはその気持ちがただただ重く感じてしまうんですよね。。

なんでも俺に合わせてくれる女性より、俺が合わせたくなる女性の方が好きなものなんです。

お料理でも趣味でも資格でも、「自分がしたいからする」ベースでしていると彼もその方が魅力を感じるし、いい関係性を築けますよ。

 

まとめ

カップルは、路上で抱擁し、男はバラを保持しています 無料写真

ハイスペック男性は成功を成し遂げてきたルーティーンというものがあります。
自分なりの生き方を通して現在の立ち位置にいるわけですから、その生き方を変えるような女性を敬遠します。

ハイスペック男性と結婚すれば安定的に養ってくれると思う婚活女性もいるかもしれないですが、
まずは上記で述べてきたような、彼にとってなにかプラスになる事を与えられる女性であるか、自分自身を見つめなおす事が大切です。

それは自分にとっての強み=「武器」 になります。

その武器が私には見つからない。。という方は、ご自身の魅力をまだまだ見つけれていない可能性大です!

結婚相談所Leiでは様々な角度からカウンセリングをして、その武器を掘り起こしていきます。
弊社の会員数は6,5万人でハイスペックの方ももちろん多数いらっしゃいます。
ハイスペック男性との成婚もたくさん導いてきたからこそ知っているノウハウを、マンツーマンのカウンセリングでお伝えしています。

そんなノウハウやマナーなどを学びながら自分自身も成長して、幸せな結婚生活を近道で手に入れましょう!♡

 

 

 

 

 

 

posted by:Lei

全ての記事を見る